NHK「ダーウィンがきた!」で紹介されます!

7月3日 のNHK「ダーウィンがきた」でカルガモプロジェクトが紹介されます!

皆さまお見逃しのありませんように!
「ダーウィンがきた」
 NHK 19:30 ~ 19:58
・番組内の「ダーウィンニュース」というコーナーでの紹介となります。

なお、翌々週の7月17日にも続編が放送予定です。
こちらもお見逃しなく!

ライブカメラが動き始めました!

大変お待たせをいたしました!

カメラへの電源が供給され、ホームページ上で遊歩道の上からの巣の周辺の映像が見れるようになりました

下アドレスから見てください!!
巣の様子をいつでも見ることができます!
http://kamopro.org/camera02.html

※推奨ブラウザ:※Firefox, Chrome
※一部のバージョンのInternet Exploreでは閲覧出来ないようです。


巣の中のカメラについては、カヌーで近づいて電源をONにする必要があり、現在抱卵中と考えられるので、巣への出入りの時間帯をチェックして母ガモが巣から離れたタイミングに作業をしたいと思います。
皆さんで、何時頃に巣から母ガモが出てくるか観察してみてください!


巣の近くまで足を運んでいただくも良し。
自宅からコーヒー片手に観察するも良し。

何か動きがありましたら、当ブログのコメントに投稿下さい!


また、一時期ネットがかかっていた古いほうの巣でも、抱卵している形跡が見られます。
こちらの様子要チェックです!


1月~4月のできごと

東京ベイエリア
画像


昔は運河沿いに倉庫が立ち並ぶ、あまり人の住まない街でしたが
今では超高層住宅が立ち並び、多くの人が住むようになりました。
画像


昔は多くのカルガモが住んでいた水辺で、またカルガモの親子の愛らしい姿を見たい。
そんな、思いではじまったカルガモプロジェクト。
画像


1月には、古い1号機は植えた葦の根が木の隙間に入り込み壊れてきたので、補強を行ないました。
画像


2月、人工巣2号機にはライブカメラを設置しました。
画像


巣の中にはNECさんの協力でカメラ画像を電波で飛ばす機械も取り付けました。
画像


巣を見下ろす高台に巣全体を観察できるライブカメラも設置しました。
2つのカメラのどちらの映像も、新しいホームページで見ることができるようになります。
画像


保育園の子供たちも、毎日、ヒナが巣から出てくるのを楽しみにしています。
画像


私たちがカメラを設置している最中にも、巣には新しいカップルが巣の下見に来ていました。
画像


そんな中、大きな問題が発生!!

いままでカメラの電源は街灯からもらっていたのですが、地震による影響で節電する事になり、街灯に電気がこなくなってしまったのです。
カメラに電気がこない!
(ToT)/

画像


現在、太陽光パネルとバッテリーの組み合わせるシステムで作動させようと苦労しているのですが、太陽光は安定せず、すぐにバッテリーが空っぽになってしまうみたいです。

太陽光パネルを大きくするとか、他から電気をもらってくることを考えなくてはいけません。

カルガモの巣の中を見たいと思っている皆様!
ごめんなさい。
必ず!絶対に!なんとかしますので、もうしばしお待ちください。

榎本

さぼっててすみません

ブログさぼっていてすみません。
リーダーの榎本です。

今年は人工巣2号にカメラを設置したり、
カメラの映像がサイトで見えるようにするためにサイトを構築したり、
震災後の節電でカメラの電気が止まってしまったり、
いろいろな苦労をしておりました。

今年の活動は、この新しいブログに
アップしていきますので少々お待ちください。

昨日7日
日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」で紹介して頂きました。
画像


テレビでも御紹介できましたが、2号巣では母ガモが卵を温めています。
あたたかく見守ってあげてください。

人工巣にライブカメラを設置したのですが、節電の影響で現在太陽光パネルによる電源供給体制で運用しています。

電力が不安定なため、作動が不安定なのですが、近々、夜間の待機電力を使って充電するシステムに変更しますので、もうしばらくお待ちください。

草植え

カルガモの人工巣2号に草を植えるために草取りに出かけました。
メンバーは私リーダーの榎本と芝浦アイランド住民の玉川さん、事務局の井上さんの3人。

人工巣に植える草は、何でも良いというわけではありません。

草など植物は一般的に塩に弱く、海水が掛かると枯れてしまいます。
そこで、日頃から海水をかぶっている塩に強い海辺の草を根ごと採取して使います。

採取しに出かけたのは、荒川河口の葦原。

葦の根は深く、一株で20~50kgくらいあります。
河原で一株づつ掘り起こし、3人で道に止めてあるハイエースまで運ぶ作業を繰り返しました。

ハイエースの荷台一杯の草を採取するのは想像以上に重労働ウワーン
おじさんたちはヘトヘトに・・・

芝浦に持って帰り、船に積み込んだら・・・・


船一杯になってしまいました。


一日がかりで植えた葦で、2号は1号(手前)と比べても見劣りしないほど生い茂りました。

心配なのは、
2号機はカモの巣が濡れないように、少し高くしてあるから
乾燥で枯れないかどうか・・・

マメに水やりをしないといけないかもしれません。

<1月の観察会新年会の御案内>


港区の市民参画事業「カルガモの巣つくりプロジェクト」では毎月カヌーに乗ってカルガモの人工巣の清掃や観察をしています。
2人乗りカヌーに乗ると、短時間で家族の絆を深めることができます。
親子や御夫婦で参加してみませんか?
参加者全員のお名前、年齢、連絡先をご連絡下さい。
○開催日:1月16日(日)、23日(日)
○参加費:無料
○集合時間:am9:30(終了予定am11:30頃)
○集合場所:芝浦アイランド、ピーコック裏の水上施設
○参加条件:港区在住者
○申し込み先:Emailでの申し込みは、info@umijuku.net まで。TEL又はFAXは認定NPO海塾へお願いします。

「新年会」のお知らせ


今月は、カヌー乗船会の後、芝浦アイランドの水上テラスとクルーザー「エール・クレール号」で新年会を開催します。
(新年会のみのご参加も歓迎します)
一緒に水辺の環境の話をしませんか?
○開催時間:pm11:30頃~流れ解散
○参加費用:200円(1人)、タコ焼きパーティーです。飲み物は御持参ください。
○集合場所:芝浦アイランド、ピーコック裏の水上テラス。
○参加条件:港区在住者

お待ちしてます!晴れ





浮力調整

カルガモの人工巣 第2号の浮力が強く、
巣が浮きすぎていることから、浮力調整を行いました。

浮力調整は、潜って、ポリタンクの蓋を開け、ホースで空気を抜くという作業。



今日は、この冬一番の冷え込みウワーン

運河の水温は、生活排水の影響で17度と暖かいのですが・・・
気温は2度!
おまけに強風!!
水から上がったとたん、体感温度は氷点下!

あっというまに唇が紫色に!
巣の管理運営は命がけですガーン

<事務局からのお知らせ>

その1、
来週、11日に荒川まで草取りに行きます。
ご同行いただける方、大募集中!

その2、
今月の観察会は
1月16日と23日です。

集合時間は9時半。
カヌー準備のお手伝いいただける方は、9時にお願いします。

その3、
観察会の後、新年会やります。
食材は持ち寄りです。
事務局は例のタコヤキを200円会費で提供します。
天気が良かったら、船で野鳥観察行くかもしれません。

今年は、巣にライブカメラを設置し、より多くの方が観察できるようにしますので御期待ください!